伊藤健太郎さん ドラマ「今日から俺は!!」を熱演

伊藤健太郎さん ドラマ「今日から俺は!!」を熱演

若手俳優・伊藤健太郎さんのプロフィール

14歳でモデルにデビュー。芸能活動をはじめ、2014年には「昼顔 平日午後3時の恋人たち」で役者としてもデビュー。翌15年には、「学校のカイダン」「トランジットガールズ」などのドラマに登場。ブレイクしていた少女コミックをもとにつくられた「俺物語!!」で、映画への進出も。そして、映画「ミュージアム」や「14の夜」、「チア☆ダン女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」、さらには「先生!、、、好きになってもいいですか」へ出演。
また、「サクラダリセット」前・後編 (17)を熱演し、ついに「デメキン」(17)では映画での初主演を果たしています。
ドラマの出演歴も、「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」、「仰げば尊し」(16)、さらに「レンタルの恋」「アシガール」(17)と続き、立て続けに数々の作品に登場。俳優としてのキャリアを積み、映画「犬猿」や「ルームロンダリング」、さらには「ういらぶ。」(18)など好演が続いています。

「今日から俺は!!」に伊藤健太郎さんが出演へ

賀来賢人が主人公を務める秋ドラマ「今日から俺は!!」に出演予定の健太郎さんが、6月30日に迫る21歳の自らのバースデーからは、戸籍上の伊藤健太郎の名前で俳優としての新しいスタートをしていました。

もともと14歳でモデルとしての活動を始めていた健太郎さんは、「昼顔~平日午後3時の恋人たち」で正式に役者としても活動を開始していましたが、4000万部超えの大ヒットした作品を、若手監督の筆頭、福田雄一さんの指揮する10月ドラマ「今日から俺は!!」で、賀来さんが役作りを行う主役三橋貴志の良き相棒役、おなじみのツッパリ伊藤真司を演じることに。悪知恵で原作でもドタバタを繰り広げるヒーロー・金髪パーマ姿の三橋と、自らの髪形に絶対の自信を持つ相棒のツンツン頭・伊藤の学園物として、大きな期待が寄せられていました。

今回の伊藤健太郎への改名へのきっかけは?

「いつかは自分の苗字を芸名に付けたいなと何となくと思っていました。そんななかで20歳になって、毎日がとても大切な日々の連続で、本気で役者になっていこうと思い始めました。また、新しく『今日から俺は!!』というドラマであの伊藤真司という役のお話を頂きました。運命じゃないかと思って、本名の伊藤をなのって伊藤健太郎に改名して、新しく役者の一歩を踏み出して生きていこうと思いました」

「自分のバースデーにみんなに来ていただいてとても楽しくて。ただ、基本人からつっこみを入れられたりする方で、にぎやかに祝ってもらいました」
「太賀さんは自分と同じでお互い苗字が無い俳優だったので、自分の決意を話したときに裏切り者と言われてしまって・・・笑」といった話もありました。

改名から、今後やってみたいことは?

「20歳は、映画で初めて主役を頂いたり、ラジオや写真集発売とか、はじめてのことが多かったので、これからは今までやってきたことをより進めていきたいです。『コーヒーが冷めないうちに』の塚原あゆ子監督に、『俳優として人を幸せにできる演技ができるようになってほしい』とアドバイスを頂いたので、目指していきたいです」と語っています。

「このみんなが愛する作品に自分の決断も後押ししてもらったので、出会いに凄く感謝しています。今日から俺は、伊藤健太郎としてやっていくので、これからも応援をお願いします」とコメントを寄せていました。

「今日から俺は!!」の俳優陣は?

若手で好演で名高い健太郎が、累計発行部数4,000万部を突破の大ヒット作、西森博之さんの人気ヤンキー漫画を連続ドラマ化する「今日から俺は!!」(日本テレビ系、10月期日曜ドラマ枠)
賀来賢人さんが主人公・三橋貴志。相棒に伊藤健太郎さん演じる伊藤真司。また二人ののライバルとなる今井勝俊とその子分・谷川安夫に、太賀と矢本悠馬が配役されています。

「今日から俺は!!」はどんな作品なのか?

1988年~1997年まで「週刊少年サンデー」系で約10年もの長期間連載されていました。
ドラマは「勇者ヨシヒコ」や映画『銀魂』など次々にヒットを飛ばした福田雄一監督がドラマ化に。80年代の学校を舞台に、何が何でも勝利することを信条とし、金にがめついが仲間思いの三橋と、ツンツン頭の相棒・伊藤がいろいろな悪役とドタバタ劇を繰り広げます。

主人公・三橋の相棒・伊藤はもともと三橋が嫌いだったが、タイマン勝負から三橋を認め、正義を愛し、女にモテる金持ちの息子。
伊藤健太郎さんは、「こんな大きなキャラクターのお話を聞いた時にはびっくりしました」と素直な喜びをコメントしています。
「福田監督のチームへの参加もまだ経験がないので、独自のお芝居の仕方をしっかり教わって、最後は自分の演技でチームのみんなに食らいついていく気持ちではりきっています!」

三橋&伊藤の黄金コンビに対して、原作では永遠のライバルとなる敵役にも個性派俳優が起用されています。
「ゆとりですがなにか」の山岸を演じた太賀が今井役に抜擢。
三橋への対抗心にすべてををかけ、力自慢の大バカ者役について太賀は、「一生懸命、つっぱります。リーゼントで、前髪はカットしないでって頼まれているんで、今伸ばしてます。あと人にメンチ切る練習はじめました」

また背が低く気弱だが態度はでかく、今井に付き従う谷川を演じるのはNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」、映画『ちはやふる -結び-』、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」と立て続けに登場する矢本悠馬。
「『今日から俺は!!』は、西森作品で大好きでした。ワルで卑怯な三橋からは、自分も男のカッコ付け方みたいなものを習得しました笑」
「せっかくの話で、なんやろ、ひと暴れしに街あるくか!っていう」
Wヒロインとなる理子と京子を清野菜名、橋本環奈がそれぞれ演じます。

賀来賢人と伊藤健太郎、地毛で作品を完全再現

キャラクタービジュアルですが、原作に近いと話題になっています。
SNSなどで事前に噂となっていたをキャラクターですが、賀来賢人さんの三橋と、伊藤健太郎さんの伊藤、清野さんと橋本さんの理子と京子。
三橋の金髪パーマ、伊藤のツンツン頭、原作をどう再現できるのか注目された2人のルックスを、なんと地毛で完全に表現。
理子はおなじみの聖子ちゃんヘアで、京子は中森明菜ヘアで原作に忠実な80年代を感じさせる見た目で、「今日から俺は!!」の世界観をあらわしています。

賀来賢人さんのコメント

「髪型や服装をかなり忠実に作り込んでもらったおかげで、気持ちよく三橋をやれています」「あと、相棒の髪がよく顔に刺さります」「10月から、金髪とツンツン頭をよろしくお願いします」

伊藤健太郎さんのコメント
「皆さん注目だった髪の毛のことなんですが、伊藤のヘアスタイルはひたすら伸ばして地毛なんです。朝早くメイクさんにセットしてもらいます」と紹介。「風が吹いても全然崩れないので、かたく気合いの入った髪型です」「チームと監督、全員と一緒に作り上げた自信作です!」