吉沢亮 最高のイケメン? 漫画実写化ドラマ俳優

吉沢亮 最高のイケメン? 漫画実写化ドラマ俳優

吉沢亮さん 2018年下半期国宝級イケメンに

吉沢亮さんのことが話題となっています。
23000人ものViVi読者の人たちが投票した人気ファッション雑誌の企画では、2018年下半期の国宝級イケメンに選出されました。

もともと2016年の1月号からスタートした企画として知られていましたが、狭き門もいいところの企画となっています。

NOWランキングでは、2015年の下半期と2016年の上半期を山崎賢人さんが連覇していました。
2016年の下半期は、中川大志さんが受賞し、2017年は激戦となり、上半期を菅田将暉さんが受賞。下半期は、竹内涼真さんが受賞していました。

また、2018年はブレイク中の新田真剣祐さんが1位を獲得していました。
これまでブレイク寸前のNEXTランキング受賞では何度もランキングに入っておきながら、NOWランキングの1位を逃していた吉沢亮さんは、やっとかと達成感をコメントしています。自分ほど何度もこのランキングに入ってる人はいないんじゃないかと、会場の笑いをとったり、ファンサービスたっぷりの感想を表現されています。

 

吉沢亮さんのデビューは?

もともと芸能界に対して、そこまで自分から何かをするという方ではなかったとのことで、きっかけも吉沢亮さんの母親が、たまたま「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」に応募したからというのが最初だそうです。

この中でRight-on賞を受賞し、デビューとなりました。
ちなみに、グランプリは野村周平さんが受賞しています。

2011年には、『仮面ライダーフォーゼ』で仮面ライダーシリーズへの出演を果たしています。2号ライダーの仮面ライダーメテオを演じた吉沢亮さんは、この時の演技で高評価を獲得しています。ファンの中には、「はじめて吉沢さんが演じる流星を見たときに、演技もアクションも完璧ですごいと思った」、とSNS上の声では話題となっていました。

 

少女漫画の実写化映画への出演

吉沢亮さんは、少女漫画の実写化映画への出演でもかなり幅広く活躍しています。
2016年の『オオカミ少女と黒王子』では、山﨑賢人さんと二階堂ふみさんの主演で実写映画化された人気少女漫画原作の映画ですが、吉沢亮さんも日下部憂役で出演されています。

この作品は山崎賢人さんが腹黒高校生を演じ、吉沢亮さんはあまり前向きではない性格の高校生ながら、主人公の少女の明るさに触れ、少しずつ前向きになっていくピュアな高校生役を演じます。
まっすぐな吉沢亮さん演じる日下部憂の存在感に心打たれる人がSNS上では演技を絶賛していました。

今年の4月の映画『ママレード・ボーイ』は、いろいろな意味で話題となった映画でした。
女子高生の小石川光希が、ある日いきなり自分の両親から離婚することになったと告げられます。
主演の女子高生を演じるのは、桜井日奈子さんです。映画『THE LAST COP/ラストコップ』での好演や、『そして、誰もいなくなった』の薄幸な家出少女役を見事に演じ実力派俳優としての道を歩んでいる女優さんでした。

そして、小石川光希は両親から離婚だけではなく、お互いがそれぞれ再婚することになったと告げられます。
驚いたことに、二人の再婚相手も、離婚したばかりの夫婦でした。
しかも、それぞれカップルのパートナーを交換するから、みんなで一緒に住もうと言われてしまいます。

さらに、両親がそれぞれ結婚することになった元夫婦には、同年代の男の子が・・・。
この男の子が、吉沢亮さん演じるもう一人の主人公の松浦遊でした。

かなり独創的なシナリオのこの作品では、谷原章介さん、筒井道隆さん、中山美穂さん、檀れいさんといった実力派俳優の方々が二人を支えます。
恋愛映画の主演は初となった吉沢亮さんは、遊の役づくりで「現場で遊が何を感じて、何を考えているのか重要視してやっていました」と役に向き合ってきたことをコメントしています。

また、顔面を「使い倒しました」と笑いながら不思議なコメントをしつつも、かっこよく見せようという意識はしなかったとのこと。
「光希と遊の成長物語で、今作を僕の代表作にしたい」と熱っぽく語っていました。

 

週刊少年ジャンプ系映画への出演

吉沢亮さんは、週刊少年ジャンプ系作品への出演も相次いでいます。

「銀魂」出演時は、沖田総悟というキャラクター。
これは配役発表時からドSの性格と、もともと剣道が得意な吉沢亮さんのはまり役と話題になっていました。
役作りでは、原作やアニメを見ながら独特な口調を再現しようとこだわっていたとのたとのことです。

映画「斉木楠雄のΨ難」では、ご本人も「役者人生で一番のハマり役」と表現するほどの力の入れようが話題となります。
中二病を発病し、自身を“漆黒の翼”と見のまわりの人たちに紹介し、闇の組織“ダークリユニオン”と戦っていると豪語しまわりの人たちに引かれまくる海藤瞬を演じます。

山崎賢人さん主演映画ですが、山崎賢人さんは何度も吉沢亮さんの演技に爆笑させられたと語っています。
「吉沢亮はうまい」「山崎賢人はやべえ」と互いに語るところが印象的でした。

映画「BLEACH」では、福士蒼汰さんとの再共演を果たしています。
この時は、たまにご飯に行ったりとかはあったと語っていた吉沢亮さんですが、福士蒼汰さんとは6年ぶりの共演だったということでした。

また、来年の「キングダム」では、山崎賢人さん、本郷奏多さん、橋本環奈さんたち実力派若手俳優の人たちとの共演も控え、ますます目が離せなくなっています。